MENU

ライフスタイルの見直しで対策

出産後、ブラッシングやシャンプーの度に、髪がごっそりと抜けてしまうという、毛髪トラブルに見舞われるママさんは少なくありません。

 

赤ちゃんを産んでから起こる薄毛を、「分娩後脱毛症」と言います。
この脱毛症は女性ホルモンのバランスが、妊娠中に一時的に起こる事が原因です。
女性ホルモンは時間の経過と共に、徐々に妊娠前の状態へと戻る為、それに伴い薄毛も解消していきます。
ですが、より早く薄毛を改善したいという場合は、生活習慣を見直してみましょう。
女性ホルモンは、ちょっとしたストレスでもバランスを崩しやすいと言われています。

 

赤ちゃんを産んでから、育児に追われていてストレスが溜まると、
女性ホルモンのバランスがなかなか整わず、薄毛が解消されるスピードが遅くなるかもしれません。

 

できるだけ、ストレスを溜めないという事が、薄毛対策に繋がります。
またタンパク質、ミネラル類、ビタミン類といった栄養素を、バランスよく食事で補う事も発毛に有効です。

育毛剤で毛根に栄養を与えよう

分娩後脱毛症は名前の通り、出産後に抜け毛が増える薄毛の事を言います。
妊娠した事で一時的に、女性ホルモンのバランスが変化した事で起こるのが特徴です。

 

赤ちゃんを産んでから約2ヵ月程たつと、髪がごっそり抜けてしまうなど薄毛が進行しますが、
女性ホルモンのバランスが徐々に整う事で薄毛は改善されるケースがほとんどです。
個人差はありますが、分娩後脱毛症の場合半年から1年程度経てば、薄毛は気にならなくなるでしょう

 

自然回復する事の多い、分娩後脱毛症ですが攻めの薄毛対策として、育毛剤でのケアがお勧めです。
育毛剤と聞くとおじさんが使うものというイメージがありますが、最近は女性の為に作られた女性用育毛剤も増えています。

 

分娩後脱毛症の場合、毛根に栄養を与えるタイプの女性用育毛剤がお勧めです。
シャンプーして頭皮をしっかりと乾かした後に、育毛剤でケアする事で、発毛を促す有効成分が毛根に浸透します。
栄養を与える育毛剤なら、加齢による薄毛予防にも繋がるでしょう。

 

>>育毛剤ランキングはこちら