MENU

出産後に髪が抜けやすくなるのは何故?

出産を機に髪が抜けやすくなり、頭皮全体の薄毛が進行してしまったという女性は、少なくありません。
赤ちゃんを産んでから起こる薄毛は、「分娩後脱毛症」と言われています。
なぜ、このような脱毛症が起こるのかというと、妊娠した事で女性ホルモンのバランスが変化するからです。

 

そもそも、髪にはヘアサイクルという生えたり抜けたりを繰り返す、周期があります。
休止期という毛根が完全に活動を停止するサイクルに入れば、髪は自然と抜けるのです。
女性ホルモンの1つ「プロゲステロン」は、髪の成長期を長くする働きを持っているホルモンなのですが、妊娠中はこのホルモンがずっと分泌されています。
ですので、本来抜けるはずだった髪も、成長期となる期間が長くなる事で、妊娠中は髪が抜けにくくなるのです。
そして、赤ちゃんを産んだ後、成長期にあった髪が一気に抜けてしまうので、ごっそりと抜けてしまう分娩後脱毛症を引き起こします。

薄毛対策に有効な方法とは?

出産後の抜け毛は妊娠した事で、女性ホルモン野バランスが一時的に変化する事が原因です。
ブラッシングやシャンプーの度に、ごっそりと髪が抜けてしまう為、不安に感じる女性は少なくありません。

 

このような妊娠・出産を機に起こる脱毛症は「分娩後脱毛症」と言われています。
髪が抜ける量が多い為、心配になりますが女性ホルモンのバランスが元の状態に戻れば、自然と薄毛は回復する点が特徴です。
いつから薄毛が起こるのかというと、出産してから約2ヵ月後くらいから始まります。
ですが、女性ホルモンのバランスが整う、約半年から1年程度で徐々に薄毛は改善するケースが多いようです。

 

自然と回復する事が多い分娩後脱毛症ですが、やはり薄毛はコンプレックスに感じる為、早めに改善したいという方が多いでしょう。

 

そのような時は女性用育毛剤でのケアがお勧めです。
女性用育毛剤で頭皮をケアし、毛根に栄養を与える事で、より発毛効果が高まります。

 

>>産後に使うべき育毛剤ランキング